ラピス犬訓練blog

兵庫 ラピス ドッグスクール代表のおやじが、不慣れなパソコンと 格闘しながら書いてます。 御見苦しい内容もあるかもしれませんが、よろしくお願いします!

犬訓練等についてご質問ございましたら お気軽にメールくださいませ

大好きなペットを永遠に。ペットの特徴を忠実に再現、そっくりなぬいぐるみを作り出す「クローンペット」が大人気!

no title

 家族としてともに苦楽を超えてきた愛するペットたち。だが別れの日はいつか訪れる。ペットが高齢になってくると飼い主の心配も絶えない。ペットを飼った以上、最期を看取るのが飼い主に課せられた役目であり、飼い主が先にいなくなるほうが悲しい結末となるわけだが、それでもやはり、寄り添ってきたものがいなくなるのは寂しい。

 ペットロスト症候群は深刻な社会問題となっているが、このぬいぐるみがあれば、寂しさは軽減されるかもしれない。犬、猫、モルモット、ウサギ、鳥など、どんな種類の動物でもその特徴をつかみ、まるでクローンのような完璧なぬいぐるみを完成させてくれるという。

 まだ元気なうちにこのぬいぐるみを作っておいて、ペットに与えておけば、ペットのぬくもりすらも保存してくれる。

 このクローンぬいぐるみを作っているのは、アメリカ、ケンタッキー州の郊外にある「カドル・クローン(Cuddle Clones)」社である。値段は小さなペットが129ドルから(13500円~)、大きなペットが199ドル(23700円~)で、大きさは43~50㎝ほど。出来上がるまでに5か月はかかるという。

 決してお安くはないのだが、その完成度の高さが人気を呼んでいる。SNSなどでは、自分のペットとクローンぬいぐるみを並べて写真をアップする人が続出し、それがさらに人気に加速をかけている。

表情、舌の出しかたもとても良く似ているパグ
1_e16

猫も
3-2_e

ブタも
3_e16

モルモットも
4-2_e

馬も
6_e11

ポニーも
10_e10

鳥も
6-1_e

ニワトリも
7-1_e

うさぎも
19_e6

 特にペットが高齢になったり、病気にかかったりした飼い主からの依頼が多いそうである。特徴を良くとらえて、そっくりに作り上げられるクローンぬいぐるみ。きっかけは、創始者であるジェニファー・ウィリアムズが、自身の飼っているグレートデーンのぬいぐるみを探していたところ、どれひとつとして似ているものがなかったことにある。そこでジェニファーは2011年、大学で「チーフクローニング・オフィサー」というプロジェクトを開始した。この研究で、表情やしぐさ、癖などをいかに似せるかを学んだという。

 同じように見える動物でもどれひとつとして同じものはない。カドル・クローンでは、それらをすべて忠実に再現する。

5-1_e

 フェイスブックやインスタグラムで人気が人気を呼び、現在は公式サイトもアクセス多発でつながりにくい状況となっている。日本への発送も可能で日本語対応のページもあるのだが、今は落ちていてつながらないようだ。欲しい人は時間をあらためて再度アクセスにトライだ。

【cuddleclones.com】

SNS上にアップされたペットとクローンぬいぐるみの数々
7_e11

9_e11

4_e15

8-1_e

5_e13

12_e8

11_e9

2-2_e

13_e8

14_e8

16_e6

17_e6

20_e6
via:buzzfeed/dailymail/cnn

ペットたちも自分の分身が気になるようだ




 逆に飼い主に先立たれて寂しい思いをしているペットの為に、飼い主のクローンぬいぐるみなんかもあってもいいかもしれない。

「ちょっと公園行ってくるわ」。犬が1匹だけでバスに乗り道路を歩いて公園通い。地元の名物犬へ(米シアトル)

0_e19

 米ワシントン州シアトルには、自力でバスに乗り、目的地に着いたら降りて、すたこら歩いてドッグランのある公園に通う犬がいるという。そこに飼い主の姿は見当たらない。バスの利用客も最初は驚いたそうだけど、ほぼ毎日のようにバスを利用する犬の姿に、今ではすっかりなじみの客となっており、その場を和ませている。

 犬の名前はエクリプスさん(2歳、メス)。黒のラブラドールとブルマスティフの混血種だ。バスの運転手にも顔なじみとなっており、どの運転手もエクリプスさんを乗車拒否しない。無賃乗車すら快く許している。


Black lab takes solo bus ride to dog park stop

 すっかり名物犬となったエクリプスさん。噂を聞きつけた地元ラジオ局のホスト、マイル・モンゴメリー氏がこの犬に関して調べたところ、飼い主を突き止めることができた。飼い主であるジェフ・ヤングさんに話を聞いたところ、以前は週に数回、エクリプスさんを連れて自宅からバスに乗り、4つ先の停留所にある公園に一緒に来ていたのだという。

1_e26
隣に座っている男性は飼い主ではない。赤の他人の乗客である。

 ところがある日、ヤングさんがバスに乗る前にタバコを吸っていたところ、待ちきれないエクリプスさんは、ヤングさんを置いて1匹でとっととバスに乗って行ってしまったのだという。

 慌ててヤングさんが次のバスで駆け付けたが、エクリプスさんは無事に公園に到着していたようで、しれーっと楽しそうにドッグランで遊んでいたそうだ。

3_e21
一匹でバスに乗るエクリプスさんの姿に乗客たちもびっくり

5_e20
公共マナーを守れるエクリプスさんはきちんと座席に座る

 一人で公園に行けちゃうことを覚えたエクリプスさん。以来飼い主がいなくてもバスに乗って公園に行くようになったという。エクリプスさんは公共ルールも守るし、道路もきちんと歩道を通る。信号は青になるまでちゃんと待つ。人に噛みついたり吠えたりすることもない。なのでヤングさんもさほど心配はしていないそうだ。

13_e3
バスに乗り込むエクリプスさん。

6_e14
空いている座席にきちんと座る

7_e12
目的地に着くまではお行儀よく

14_e4
窓の景色を見ながら降りる場所を確認するエクリプスさん

15_e4
ちゃんと歩道を通って歩くよ

8_e9
ドッグランだ!みんな遊んでくれるよ

 シアトルの住人たちは犬が大好きなようで、エクリプスさんは、「みんなを笑顔にしてくれる存在」として、誰からもかわいがられているという。バス会社の方でも「犬にもわが社のバスが評価され、利用されていることを大変光栄に思う」。と言っているという。

 また、エクリプスさんにはきちんとドッグタグがついているが、「もしかして逃げ出してきちゃったのかしら?おうちに帰れないのかしら?大変だわ」。と心配して保護してくれる人が週に1人はいるそうだ。そんな時ヤングさんは、「自力で帰れるから大丈夫です。彼女は自分がどこにいて何をしているかすべて把握しています」。と答えるという。

 犬の放し飼いに関しては賛否両論あるだろうが、ことエクリプスさんに関しては例外のようで、みんなに愛され、みんなを幸せにしてくれる犬として受け入れられているみたいだ。via:komonews

でかかわいい!オオカミと犬のハイブリッド、「ウルフドッグ」が二足立ちすると想像以上に巨大だった。

no title

 アメリカ、ニュージャージー州ジャクソンの動物保護施設、「ハウリング・ウッドファーム」では犬のハイブリッド、ウルフドッグ(狼犬)やオオカミを保護しているという。この施設にいるウルフドッグに男性がエサを与える映像が公開されていた。

 前足を男性の首にかけまるでハグするかのように、男性が手に持ったエサをパクっと食べるわけだが、二足立ちしたその姿は予想以上に大きかったようだ。


Wolf hug

 この男性も決して小さい方ではない。でもウルフドッグを前にしたら小さいヒトとなってしまう。かなり力量も試されるわけだが、バランスを崩さずに無事エサを上げられたようだね。


 ちなみにこの映像は、ハウリング・ウッドファームを訪れた一般人男性のものだ。この施設では、事前に予約をすれば、ウルフドッグに餌をあげたり、一緒に遊んだりすることができるという。これは要チェックポイントだね。

 ハウリング・ウッドファームのウルフドッグたち
3_e8

1_e0

2_e0

2_e9

1_e6

5

3_e

4_e

 ウルフドッグ(狼犬)は大型犬種の一種で、ハスキー、シェパードなどの犬種と家畜化されたオオカミとを交配したものをこう呼ぶ。身体的特徴は掛け合わされた犬種によってやや異なり、性格面では身体面よりも個体差が大きいという。

 家畜を襲うオオカミのイメージから凶暴な犬種と見られがちであるが、飼い主がリーダーとして主導権を握っていれば無闇に人畜を襲うことはない。野生味が強いため警戒心は強い反面、自然環境で生存しようとする本能から、仲間と認めた者とは極めて良好な信頼関係が築かれるという。その結びつきの強さは、イエイヌとして長い歴史をもつ他犬種よりはるかに強いとされている。

 こちらの映像もここを訪れた人々が撮影したものだが、なんかみんな人懐っこいぞ。

Snacktime at Howling Woods Farm

このページのトップヘ