ラピス犬訓練blog

兵庫 ラピス ドッグスクール代表のおやじが、不慣れなパソコンと 格闘しながら書いてます。 御見苦しい内容もあるかもしれませんが、よろしくお願いします!

2012年02月

ナナ

ボーダーコリー 1歳 ナナちゃん

基本訓練が終了

持来訓練も終わり、フリスビートレーニング中

先日オーナーさんに練習してもらったが、

まだ、70点かな・・・

キャッチの意欲はあるので、もう少しガンバレ

りん

8歳のラブラドール・リンちゃん

以前は涙点が腫れて ↑

全部頬に流れて

涙ヤケがひどい状態でした。

獣医さんによると、詰まっているので

手術で洗浄する必要がある・・・


あくまでも、私個人の主観ですが

アレルギーにより涙点が腫れていると思い

オーナーさんは詳しい検査はされなかったけど

症状を軽減するドッグフードを取り扱っていたので

それを勧めました、その後

与えはじめて3か月ほどで、片方の涙が止まり

もう片方も1年もたたずに止まってます!

やはり耳よごれもほとんど無いようです。

    ↓  今日の画像

同様の症状のワンコオーナー様

フード替えるだけで、症状や通院費用も軽減される

ドッグフードあります!

ぜひ、お試しください!
http://rapis-dog.sakura.ne.jp/shop/index.html

リン

rouge


犬達の体調管理


今年はいつもより気温が低いのに

いつもと同じ分量のフード与えてました

うちの犬達は運動量が多いのに

油断していたら

体重が減ってました

みなさんも気をつけてあげてください


ブログとは関係ありませんが、

とても気になったので・・・




もし今日が人生最後の日だったら、あなたは後悔を口にしますか。それはどのようなものですか。

人生最後の時を過ごす患者たちの緩和ケアに数年携わった、オーストラリアの Bronnie Ware さん。
彼女によると、死の間際に人間はしっかり人生を振り返るのだそうです。また、患者たちが語る
後悔には同じものがとても多いということですが、特に死を間近に控えた人々が口にした後悔の
中で多かったものトップ5は以下のようになるそうです。
 

1. 「自分自身 に忠実に生きれば良かった」
「他人に望まれるように」ではなく、「自分らしく生きれば良かった」という後悔。Ware さんに
よると、これがもっとも多いそうです。人生の終わりに、達成できなかった夢がたくさんあった
ことに患者たちは気づくのだそう。ああしておけばよかった、という気持ちを抱えたまま世を
去らなければならないことに、人は強く無念を感じるようです。
 

2. 「あんなに一生懸命働かなくても良かった」
男性の多くがこの後悔をするとのこと。仕事に時間を費やしすぎず、もっと家族と一緒に
過ごせば良かった、と感じるのだそうです。


3. 「もっと自分の気持ちを表す勇気を持てば良かった」
世間でうまくやっていくために感情を殺していた結果、可もなく不可もない存在で終わって
しまった、という無念が最後に訪れるようです。
 

4. 「友人関係を続けていれば良かった」
人生最後の数週間に、人は友人の本当のありがたさに気がつくのだそうです。そして、連絡が
途絶えてしまったかつての友達に想いを馳せるのだとか。もっと友達との関係を大切にして
おくべきだった、という後悔を覚えるようです。
 

5. 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」
「幸福は自分で選ぶもの」だと気づいていない人がとても多い、と Ware さんは指摘します。
旧習やパターンに絡めとられた人生を「快適」と思ってしまったこと。変化を無意識に恐れ
「選択」を避けていた人生に気づき、悔いを抱えたまま世を去っていく人が多いようです。
 

以上、どれも重く響く内容でした。これを読んで、あなたは明日からどう過ごしますか。
(文=阪井亮太)

http://vimeo.com/kelseywynns/dogpark


Beautiful Day at the Dog Park
グレート・デーンの首にカメラをぶら下げて撮影された映像。地面が近かったり、人間が大きく感じられたり、犬の目線が味わえます。時々スローモーションになる演出も映像作品としてカッコいいです。

このページのトップヘ