ラピス犬訓練blog

兵庫 ラピス ドッグスクール代表のおやじが、不慣れなパソコンと 格闘しながら書いてます。 御見苦しい内容もあるかもしれませんが、よろしくお願いします!

2012年04月

[自販機]犬がボタンを押すとドッグフードが出てくる

2012年4月18日(水) 18時54分
[自販機]犬がボタンを押すとドッグフードが出てくるの画像
[自販機]犬がボタンを押すとドッグフードが出てくるの画像

世界初!? “小型犬専用”自動販売機がららぽーと豊洲に登場


 ニュートロ ジャパンは21日と22日の両日、「アーバンドック ららぽーと豊洲」に“小型犬専用自動販売機”を設置する。

 アーバンドック ららぽーと豊洲でおこなわれる本イベントでは、屋外中庭広場(雨天時は館内・ペットショップ「ILIO」前)に“小型犬専用自動販売機”を設置、3月末に新発売されたドッグフード「ニュートロ ナチュラル チョイス」小型犬用のサンプリングを行う。

 “小型犬専用”を謳うだけあって、この自動販売機は、ボタンから取り出し口まで全てが小型犬に合わせたサイズになっている。ボタンからは犬が好むチキンの匂いを発しており、この香りに引き寄せられ、愛犬が自ら自動販売機のボタンに触れる仕組みになっている。鼻先などでこのボタンを押すと取り出し口から小袋入りドッグフードが出てくる。

 サンプリングとして提供されるドッグフードは、「ニュートロ ナチュラル チョイス」の新商品、「小型犬用 チキン&玄米」。味の好みが比較的はっきりしていると言われる小型犬のために、新鮮なチキン生肉を第一主原料に使用し(ミートファースト)、おいしさにもこだわったという。

 さらに、この自動販売機の前面に備え付けられた液晶画面には、動き回る鶏の姿が映し出される。愛犬がボタンを押すたびにチキンがドッグフードに変身するコミカルな変化が起こる。愛犬家だけではなく、子どもなども見て楽しめる演出をこらしたという。

 ニュートロのホームページに解説されている本イベントの告知ページでは、超小型犬~小型犬がこの“小型犬専用自動販売機”に実際にチャレンジしている様子が楽しめる動画を公開。自動販売機のボタンを懸命に押そうとしたり、商品が出てきた音にビックリしたりする様子が楽しめる。


犬猫コスプレ00

毎年ハロウィンのたびに仮装パーティが行われ、そのたびにペットもいろんなコスプレさせられます。

ちょっとやりすぎかなって思うコスプレをさせられた、犬猫たちの写真をご覧ください。


犬猫コスプレ01

ここ潜れワンワン。


犬猫コスプレ03

回転どころか走りまわる寿司。


犬猫コスプレ04


お約束のホットドッグ。


犬猫コスプレ05

これは力作。


犬猫コスプレ06


プーさんそっくり!


犬猫コスプレ07

目つきの鋭いペンギン。


犬猫コスプレ09

孤高のダースベイダー卿。


犬猫コスプレ17


タイファイター。


犬猫コスプレ10


写真まで凝ってるiPhone。


犬猫コスプレ11


あまり強そうに無いジャック・スパロウ。


犬猫コスプレ12


気が弱そうなミツバチ。


犬猫コスプレ13


結構サマになってるナポレオン。


犬猫コスプレ14


ロックンローラー。


犬猫コスプレ15

体型がおかしいバットマン。


犬猫コスプレ02

ぎゃあああ。


犬猫コスプレ16


おいしそうなロブスター。


なんともかわいいペットたちですが、自分の愛猫・愛犬にコスプレさせる場合は、ほどほどにしてあげてください。

犬の日記・猫の日記


どんなに愛情を注いでいてもペットがしゃべることはないので、どんな気持ちでいるのか、本当のところは想像するしかありません。

でも、もしも犬や猫が日記を書いたなら、どうなるでしょうか。

犬や猫がどう考え、そしてどんな差があるのか、納得してしまう日記がありましたので、ご紹介します。



犬の日記

8:00 ドッグフード! うれしい時間!
9:30 車でドライブ! うれしい時間!
9:40 公園でお散歩! うれしい時間!
10:30 体を触られてかわいがられる! うれしい時間!
12:00 おやつの骨! うれしい時間!
13:00 庭で遊ぶ! うれしい時間!
15:00 しっぽをふる! うれしい時間!
17:00 晩ごはん! うれしい時間!
19:00 ボール遊び! うれしい時間!
20:00 わんっ!人とテレビを見た! うれしい時間!
22:00 ベッドで寝る! うれしい時間!

この犬の日記は、以前にもご紹介したことがあるものですが、さらに猫の日記が追加されていました。

猫の日記

捕われの身となって972日目
私を捕えた者は、変なぶらぶらしたもので私をからかい続けている。私と他の受刑者には堅くて乾燥したナゲットを与えながら、ヤツらはふんだんに新鮮な肉を食う。この配給された食事に対して明らかに軽蔑をしているが、そう言ったところで、自分の力を失わないためにとりあえず食べなければいけない。
 いつか逃亡するという夢だけが自分を何とか頑張らせている。やつらにうんざりさせようと試みてじゅうたんに吐いておいた。今日はネズミの斬首だ。さらに頭のないネズミの死骸をヤツらの足下に置いた。ところがヤツらは単に偉そうに、私のことをかわいくて良いハンターであるとコメントした。なんて悪意のあるヤツらなんだ。

捕われの身となって973日目
今日はヤツらの共犯者たちの集まりのようなものがあった。私はそのイベントの間、独房に入れられたが、音は聞こえ、食事のにおいもした。聞こえた話によると、私の独房室入りは「アレルギー」というパワーのせいだと言う。それが何を意味するのか、そして自分に有利に運ぶために、どう立振る舞うかを学ばなければいけない。

捕われの身となって974日目
今日は2人の作業員がやってきた。私の独房室のインテリアを強化したあと、休憩中の1人の上に座り、爪を服にやさしく引っかけてみた。私の計画は彼らが退出する時までつきまとい、彼らの出発に紛れて逃亡を図るというものである。もう1人の作業員が先に出て、「たばこ」と呼ばれる変なにおいをさせて帰ってきた。しまった!間違った方を選んでしまった。一週間後、再び彼らは戻ってくると小耳にはさんだ。そのときにまた脱出を試みることにしよう。

捕われの身となって975日目
今日は私を苦しめる人間の足下をくねくねと行き来して、もうちょっとで暗殺に成功するところだった。明日もこれをしなければいけない。しかも階段の一番上でだ。ちなみに他の捕虜の名前はフランキーとスニッチだと確信する。
 

犬は特別扱いを受けている。定期的に放され、そして喜んで戻ってくるようだ。間違いなくバカなのであろう。鳥は密告者に違いない。しょっちゅうヤツらと会話しているからだ。きっと私の動きを逐一報告しているのであろう。私を捕えている者は鳥のために高い位置の保護された独房を与えている。そうだ鳥は安全なのだ。とりあえず今のところは……。


この違い…。猫は1枚も2枚も手ごわいようです。

ネットで有名な以下のジョークを思い出しました。



犬:

この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし、
気持ちのいい暖かいすみかを提供してくれるし、
可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる……。
この家の人たちは神に違いない!

猫:
この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし、
気持ちのいい暖かいすみかを提供してくれるし、
可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる……。
自分は神に違いない!

このページのトップヘ