ラピス犬訓練blog

兵庫 ラピス ドッグスクール代表のおやじが、不慣れなパソコンと 格闘しながら書いてます。 御見苦しい内容もあるかもしれませんが、よろしくお願いします!

2013年02月

寒い中でも元気な仔犬達

ラピスではしっかり庭遊びさせて

体作りしてから新しい家庭へ


 オーナー様  募集中です


IMG_0355
IMG_0383
IMG_0393

オオカミからイヌへの進化した理由は人間の食べ物を消化できるよう遺伝子が変化したから(国際研究)
00_e0

イエイヌが肉食のオオカミから人間の残飯を食べる家畜へと進化したのは、でんぷんを豊富に含んだ食事を消化できるよう遺伝子が変化したためだとする研究結果が23日、英科学誌ネイチャーに発表された

 スウェーデン、ノルウェー、米国の共同研究チームが、イエイヌ14品種60匹と、世界各地から集めたオオカミ12匹の遺伝子コードを比較したところ、複数の明確な違いがあったという。


論文の共同執筆者であるスウェーデン・ウプサラ大学のエリック・アクセルソン氏は、「イヌの消化器系がわれわれ人間の食事に似たものを食べられるよう適応したことを示す発見だ」と説明した。

2_e25

これまでの研究では、イヌの家畜化が始まったのはオオカミが人間の居住地域の近くで残飯をあさり始めたことがきっかけだと考えられている。イヌは推定7000~3万年前にオオカミから枝分かれしたとされる。

0_e19

「われわれは(進化の)謎を解く全く新しいカギを発見した。それは、イヌがより効果的なでんぷん消化能力を持っているということだ」とアクセルソン氏は述べた。これは、残飯を消化できるようになったオオカミだけがイヌの祖先に進化して生き延びた可能性を示しているほか、「イヌの家畜化が農業の発展と同時期に進んだことも示唆している」という。via:AFP

1_e26

スラリとした筋肉質の体で縦横無尽に走り回る草原の捕食者、野生の犬「アフリカニス」
0_e4

 南アフリカ原産の原始的な犬種、アフリカニス(アフリカン・カニス)は、その起源は不明であるが、何千年もの歴史を経てしっかりと固定されていった犬種である。

 写真家のダニエル・ノーデは、雨にも負けず、風にも負けず、南アフリカに広がる雄大なカルー盆地の草原を縦横無尽に走り回る野犬のアフリカニスに魅せられ、その凛とした姿をファインダーに収めた。


 "自由と拘束。それがアフリカニスに初めて出会った時に浮かんだ言葉だった。"28歳のノーデはそう語る。2006年末頃、南アフリカからモザンビークにドライブ旅行をしていた時、北ケープ州を通過中、一匹の痩せこけたアフリカニスがこっそりと道路を横断するのを見た。その犬と目が合った瞬間、彼はミステリアスで気高いこの動物に魅了されたという。

 このドラマティックな出会いの後、ノーデは再びこの地に降りたった。それから5年、好意的な地元の人の家や、警察署に寝泊りし、ある時には野宿をしながら、アフリカニスの姿を撮り続けた。

■1.
1_e4

■2.
2_e3

■3.
3_e2

■4.
4_e2

■5.
5_e1

■6.
6_e1

■7.
7_e1

■8.
8_e1

■9.
9_e1



 人間の支配を逃れ、野生に生きる犬は自由を手に入れることができた。だがそこには、常に飢えとの戦いがあり、過酷な狩りが待っている。ノーデは、野生で生きる動物とペットや家畜として生きる動物、そして人間について思いをめぐらせた。「人間に統治され、人の作ったルール上にある動物は受け入れられるが、コントロールが及ばない動物たちは、恐れの対象となる。」

 実際、アフリカニスは、南アフリカにヨーロッパから移民が入ってくると、その警戒心の強さから、野犬として迫害されていった。そのせいでアフリカニスと間違えられ、アフリカニスから進化したホッテントット・ドッグの純血犬の最期の末裔が射殺されてしまうという事件まで起きている。
 
 しかし人々は、アフリカニスが高い知能を持ち、警戒心が解ければ、温厚で忠実であり、牧羊犬、猟犬、番犬、ペットとして、全てにおいてうまくやっていけることがわかると、今度は珍重しはじめ、現在では大切に保護されている。

daniel-naude-animal-farm-4-576x576

 南アフリカは、国際的に批判を浴びた「アパルトヘイト(種隔離政策)」を行ってきた国だ。古い歴史を持つアフリカニスは、この国が白人に統治される以前からずっとこの地にいて、人間のおろかなる歴史を見てきた。"人間と獣のどちらが優れているかという議論をするつもりはない。"人間も動物も等しく尊いし、等しく穢れているんだ。"ノーデはそう語った。


  • Comment by EagleThirdEye

    君たちの好きな犬の種類ってなに?


    reddit.com/r/AskReddit/comments/17karg/what_is_your_favorite_dog_breed/
    関連記事
    「世界各国原産の犬の画像が自然と集まってくるスレ」海外のまとめ



    Comment by carakitten 482 ポイント



     Comment by bill_nydus 2 ポイント

     

     ↑

     1CKJUzz


    Comment by 4Horsemen1234 433 ポイント


     Comment by Rajabear 1 ポイント

     

     8xRhR

     NyNzM


     
     g2p0f

    ジャーマン・シェパード・ドッグは、ドイツ原産の犬種。この犬種は知的で、忠誠心と服従心に富み、訓練を好む性格から種々な作業犬として訓練が容易である。このため、災害救助犬・軍用犬・警察犬・麻薬探知犬など、特殊訓練を必要とする作業犬として使われている。

    この種は、見た目の厳つさや襲撃訓練のデモンストレーションの印象などから、危険な犬と思われがちだが、凶暴であるか攻撃的であるならば、それはしばしば社会化訓練の不足、神経質な血統、またはトレーナーの訓練不足によるものである。この性格を訓練により効果的に利用することで、各種警備犬として使うことができる。

    ジャーマン・シェパード・ドッグ


    Comment by mskittey85 403 ポイント

     Comment by drgalactica 60 ポイント



     aP07e


    Comment by EagleThirdEye[S] 398 ポイント

    ラブラドール・レトリバー

     Comment by rybozome 33 ポイント

     

     8F9tIUr


    Comment by morphakun 319 ポイント

    ボーダー・コリー

    ボーダー・コリーは、イギリス原産の犬種である。「ボーダー」の名称は、原産地がイングランドとスコットランド、イングランドとウェールズの国境(ボーダー)地域であることに由来する。

    牧羊犬として世界でもっとも使われている犬種と言われている。オーストラリアやニュージーランドでは牧羊が国の主要な産業となっており、当犬種は多大な貢献をしている。運動・訓練性能の良さを買われて、アジリティ、ディスクドッグ競技、フライボール、ドッグダンスなどの様々なドッグスポーツを一緒に楽しめる犬種でもある。

    Border_Collie_600

    ボーダー・コリー


    Comment by signorafosca 306 ポイント

    オーストラリアン・シェパード

     Comment by freemeth 71 ポイント

     
     sWIOb4Y

    オーストラリアン・シェパードとは、アメリカ合衆国のカルフォルニア州原産の牧羊犬種である。オーストラリアの名を持つが、実際はアメリカが原産である。

    現在は世界中で多く飼育されていて、牧羊犬としてだけでなく聴導犬や救助犬、麻薬探知犬や介助犬、ドッグスポーツ用の犬として広い分野で使われている。勿論、ペットやショードッグとしても人気が高い。

    オーストラリアン・シェパード


    Comment by hedonismbot89 258 ポイント

    バーニーズ・マウンテン・ドッグ

    n1uU6l

    およそ2000年以上も前から、アルプスの厳しい気候の中で、牧畜犬、護衛犬としてだけではなく、ミルクや乳製品、農産物などの輸送・運搬の際に荷車を引くなどの仕事をしていた古い犬種。名前は原産地ベルン市にちなんでつけられたもので、山岳地での活動に耐えられる犬という意味。

    性格

    ・温和で優しく従順。攻撃性は無い。
    ・人間を慕う気持ちが強く、人との触れ合いをとても喜ぶ。反面、寂しがり屋。
    ・我慢強く落ち着きがある。
    ・自身の頭で考えて行動できる臨機応変さを兼ね備えている。時にはそれが生意気に映る場合もある。
    ・子犬時代はやんちゃだが、1歳くらいになると落ち着いてくる。

    バーニーズ・マウンテン・ドッグ


    Comment by Xir0w 144 ポイント

    柴犬

     Comment by mr_burnzz 18 ポイント

     

     

     samoyed_puppy

    チャウチャウから交配し誕生、中央シベリアのツンドラ地帯で暮らすサモエード族のもと、トナカイの番やカモシカ狩り、そり引きなどに従事していた。人とともに屋内で眠ることもあり、暖房代わりとしても用いられていたという。局地で数世紀にわたって飼育されてきたことから、オオカミなどの血が混入しない純血種とされ、原始犬に近い希少な犬種である。

    性格は非常に社交的で、番犬には適さない。ひとつの民族が過酷な生活環境の中で長期にわたって飼育し続けた結果、人との信頼関係が育まれ、知的で穏やかな性格が形成された。

    サモエド


    Comment by zonathefree 139 ポイント

    ドーベルマン

    やたら凛々しいくて、驚くほど忠実

     Comment by Brandy_Alexander 7 ポイント

     


    Comment by Kijafa 137 ポイント

    ビーグル

    とにかく愛嬌がある。耳はパタパタさせてるし。

    しつけが大変なことなんてどうでもいいくらい。

     Comment by abdomino 6 ポイント

     ↑嬉しいな、ビーグル好きな人ってなかなか見つかんなくって。

     うちの父親がビーグル育ててた。六匹くらいいたんじゃないかな。

     僕はサモエド・ビーグルの雑種を飼ってる。かなり行儀がいいよ。

      Comment by poorsoi 3 ポイント

      ↑サモエド・ビーグルの雑種?良ければ写真見せてくれない?

       Comment by abdomino 2 ポイント

       

       NiJ2ADh

    ローマ時代から存在し古代フランス語で「開いた喉」に由来。古来よりウサギ狩りを業としてきた。その啼き声から「森の鈴」、「森のトランペッター」、「草原の声楽隊」、など、愛称が多い。

    飼育特性

    ・活発・やんちゃ・遊び好き・食欲旺盛。
    ・寂しがり、長時間の留守番には向かない。
    ・頑健で病気しらず、攻撃性が低い。

    ビーグル


    Comment by bondinferno 133 ポイント

    グレートデーン

    大きくて紳士的で、可愛い犬

     Comment by Seamitch51 3 ポイント

     

     PsToDZY

    大きな体格と穏和な性格の家庭犬として知られる。 「優しい巨人」、「犬の中のアポロン神」と言われ、ジャーマン・マスティフと呼ばれることもある。

    大きく堂々たる外観とは異なり友好的で、しばしば「優しい巨人」と呼ばれる。一般に他の犬、犬以外のペット、野生動物、見知らぬ人間や子供に対しても穏和である。飼育者に対して支配的になったり、同じ性別の犬に攻撃的になったりするものもいないわけではないが、稀である。

    グレート・デーン


    Comment by Purplecurtains 131 ポイント

    アメリカン・ピット・ブル・テリアが好き

    闘犬として育種されてきた犬種であるため、筋肉質で力が強く、身体能力は高い。 必要運動量は膨大で、毎日2時間以上の運動を1~2回必要とする。

    強い闘争心に目を付けた一部の人達により番犬や護衛犬として利用された結果、人に牙を剥く獰猛な犬種として、世界の多くの国で危険視されることとなり、現在一部の国では飼育が規制されている。 闘犬の一種であるため、犬の飼育初心者や興味本位で飼育するのは困難である。

    しかし、本来は我慢強く、素直で、人間には深い愛情を示す忠誠心と服従心が強い性格であり、また非常に賢い犬でもある為、早期の社会化と服従訓練をすれば犬からリーダーとしての信頼を得られるといわれている。

    American_Pit_Bull_Terrier_-_Seated

    アメリカン・ピット・ブル・テリア


    Comment by labelgirl 112 ポイント

    イングリッシュ・ブルドッグ

     Comment by lovelynicolette 2 ポイント

     ↑ビクトリアン・ブルドッグもチェックしてみて。

     イングリッシュブルドッグと同じくらい良い性格で健康上の問題もないよ。

     最近また人気が出始めてる犬。

     VictorianBulldogPurebredDogBullyAxle3YearsOld


    Comment by Joegotbored 97 ポイント

    アイリッシュウルフハウンド

    白い大型犬。とてもいい犬なんだよ。

    うちの家族はアイリッシュウルフハウンドの雑種を二頭飼ってた。

    そこまで大きくはなかったけどすごく良い犬だったよ。

    今何を飼うかって聞かれたらアイリッシュウルフハウンドの雑種って答えるくらい。

     Comment by telepip 29 ポイント

     

     ソファーの上
     
     uts1X

     裏庭で遊び終わったあとの写真

     DtSkC

    アイルランド原産で、全犬種中最大の体高を持つ。

    その大きな体に似合わず気性は穏やかであり、家庭で飼うには決して不向きではない。日本でも100頭ほどがペットとして飼われている。

    しかし、体の大きさに見合う食物量と寝床のスペース確保が飼育のために必要であり、加えて、長時間の散歩も必須であるため、誰でも飼えるというわけではない。

    アイリッシュ・ウルフハウンド


    Comment by DarthContinent 96 ポイント

    ダックスフントかな。

    僅差でアメリカン・ピット・ブル・テリアが二番目。

     Comment by MSUn4nn3r5 48 ポイント

     

     EnEa7Uv

     Comment by Ihavea17lbweiner 41 ポイント

     

     3o1K2


    Comment by Poofy_Hair_Zach 95 ポイント

    ボストンテリア!

    二頭飼ってるんだけどお行儀がいいし面白い犬種のうちの一つ。

     

     n7ePE

     Comment by thebutterflyeludesme 10 ポイント

     ↑いやーボストンこそ自分の人生で一番の存在かな。

     全然吠えないしいつも面白い。何が言いたいのか顔見ただけでわかる

     これうちの子ね!

     JZYsD


    Comment by dogboyboy 89 ポイント

    プードルかな。

    結構多くの人は見た目が良くないとかモフモフしすぎてるっていうけど実際すごく良い犬だって!

    凄く忠実で頭もいいからね。

    プードル飼ってる人はみんな自分の子がいかに頭がいいかって自慢してるよ。

    poodle pups 085


    Comment by a_gorillion_dollars 85 ポイント

    ブルーヒーラー

     

    主に牛を追って管理する牧牛犬として使われている。ディンゴのように吠え声を出さずに牛を誘導し、言うことを聞かない牛はかかとを軽く噛んで驚かせ、従わせる。このように牛のかかとを噛んで驚かすことの出来る牧牛犬のことをヒーラーという。又、本種は牛だけでなく山羊や馬、アヒルなどのハーディング(牧畜での追い込み、及び管理)もすることが出来る、優秀な牧牛犬種のひとつである。

    性格は忠実で忍耐強く、知的であるが、やや神経質で人見知りする傾向がある。しつけの飲み込みや状況判断力が優れ、行動力と度胸がある。主人家族に対しては人懐こいが、あまりなじみの無い犬や人に対しては吠え立ててなかなか慣れようとしないのが短所である。

    709px-Beide

    オーストラリアン・キャトルドッグ

    このページのトップヘ