公園で遊んだ犬00
たいていの犬は、走ることや食べることが大好きです。

疲れ知らずというほどスタミナもあって、散歩に連れていくと飼い主の体力を根こそぎ奪っていくことさえあります。

ところがあまりに疲れた結果、食べ物にも反応しなくなってしまった犬の姿が、とてもかわいかったのでご紹介します。

公園で遊んだ犬01
点々と犬用ビスケットに囲まれたその姿は、まるで死体現場!?

でも、それだけ疲れ切ったのだと思うと、かわいらしいですよね。

食いしん坊な子犬がここまで反応ゼロというのは、よほど公園で楽しく走りまわったのでしょう。

他の飼い主たちからも、感心の声が挙がっていました。海外掲示板のコメントを抜粋してご紹介します。

・いったいフリスビーをどんな遠くまで投げたんだよ。

・たぶん、片道5kmくらいじゃない?

・ネットに上げるために犬を殺したんだ……。

・しかし、チョークより犬ビスケットの線はいいな。

・ラブラドールが犬ビスケットに囲まれて、何もしないってのは明らかに死んでる。

・死んだふりかもしれないぞ。ビスケットをもらうために。

・笑えたわ。うちのラブラドールをここまで疲れさせるのは難しい。

・この犬が起きたら大喜びだな。

・ラブは、食べるときは恍惚としているからな。

公園で遊んだ犬02
きっと、こんな一日を過ごしたんじゃないかと思います。

確かに生きているんだろうかと心配になるほどのぐったり具合ですが、起きたらごほうびに喜ぶのかと思うと、それはそれで微笑ましいですよね。