犬がフリスビーをキャッチ00
犬の運動神経たるや人間とはスピードも柔軟性も段違いなので、ボールやフリスビーなどをキャッチさせてみると、かなりカッコいい姿を披露してくれます。

海外サイトの人気を呼んでいた、「うちの犬がフリスビーをキャッチするときの写真」をご覧ください。


犬がフリスビーをキャッチ01
いたたっ。

正確にはキャッチし損ねた瞬間写真なのですが、木が……邪魔でした。

飼い主によると、「友人がフリスビーを投げて犬がキャッチする写真を撮ろうとしたら、この友人が下手だった」とのこと。

友人のコントロールミスのために起きた悲劇ですが、とりあえず犬は無事だったそうです。

この写真に対する、海外掲示板のコメントを抜粋してご紹介します。


●「くそったれな木め。急に何もないところから現れよって。フリスビーを盗もうとしてるんだ。周り小便してやる」

●これはきっと透明のハンモックで寝ているんだよ。フリスビーを横に置くことで、見る人をだましているんだ。

●犬は本当に大丈夫だったの?それを先に知らないと、この写真を楽しめない。

(本人)大丈夫だよ。今7歳だけど、今でも元気いっぱい。(写真を撮ったときは2歳だった)

●カメラの設定は覚えてる?これはすごいハイスピード・ショットだ。


ステップ1.晴れた日に外に出る。
ステップ2.カメラを動いているものに向ける
ステップ3.太陽の下にいることでハイスピード撮影になるのを楽しむ。

●ステップ0.を忘れてるよ。まともなカメラを持つ、だ。

●先進国にいるなら自然とまともになるだろう。携帯にさえまともなカメラがついてる。

●じゃぁステップ0.は、先進国に住むだね。

(本人)設定は忘れたけど、Degital rebe xtiで撮影したものだよ。まぶしい光が確かに影響してる。

●犬が無事でよかったよ。写真を見たとき、脳内では「超笑える」と「かわいそうな犬」の天秤が均衡だった。なので笑ったあと、罪悪感を感じた。

●うちの犬も1度、よその犬と公園でフルスピードで衝突したことがある。まるでサッカーボールを蹴ったようなすごい音がしたんだが、2匹とも全く何もなかったようにまた違う方向へ向かっていった。

犬種にもよると思いますが、興奮のあまり激しくぶつかっても、何事もないような犬もいますよね。

でも犬と遊ぶには、物を投げるのが上手な人に限ります。