ラピス犬訓練blog

兵庫 ラピス ドッグスクール代表のおやじが、不慣れなパソコンと 格闘しながら書いてます。 御見苦しい内容もあるかもしれませんが、よろしくお願いします!

犬訓練等についてご質問ございましたら お気軽にメールくださいませ

雪の中から人を救う、雪崩救助犬の訓練風景(フランス)

1

 その優れた嗅覚を使い、ハンドラー(飼い主)と共に行方不明者を捜し出す捜索救助犬は、世界各地で様々な救助活動を行っているが、雪崩救助犬は原臭(遺留品)なしで雪の中を、不特定多数の人間の臭いを捜すように訓練された犬。

 この映像は、フランス・レ・デュー・アルプで行われている、雪崩救助犬の訓練風景である。


 雪に埋没されている人間の浮遊臭(空気中に漂う臭い)をキャッチすると、雪崩救助犬はその臭いを追って、臭いが一番強く出ている雪面を特定する。雪面を特定すると、救助犬はアラート(掘る、吠える、伏せるなどの告知動作のこと。雪崩捜索の場合、掘るアラートをするように訓練された犬が多い)してハンドラーに知らせる。

2

雪質と風の状態によって、犬は捜索スタイルを変える必要がある。条件がよければ(雪がそれほどしまっておらず、ほどよい風がふいている場合)、犬は遠い場所からでも空気中に漂う臭いをキャッチしてその臭いを辿り、臭いが出てくる雪面を特定して掘り始めることができるのだが、逆に条件が悪ければ(雪が非常に固くしまっていて、風がほとんどない)、臭いを見つけるために細かくジグザグに捜索をしていかなければならないという。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

このページのトップヘ