大の犬好きな人に贈る14の名言

0_e13

 犬は人類にとって最良の友である。犬に関して知るたびに、常になにかと自分を比較することでしか存在意義を確認できない人間という生き物をやっていることが恥ずかしくなってくる。犬と共に暮らし、犬をただずっと見ているだけで、人間の咎にさいなまれることがあるけれど、それを全部ひっくるめて無条件で許し、愛をくれるのが犬と言う存在だ。

 これらの言葉は、犬好きの人なら納得する言葉であり、自分を見失ったときに真っ先に思い出すべき言葉でもある。

どんなに貧乏でも、何も持っていなくても、一匹の犬がそばにいてくれるだけで、心は豊かになれる。

1_e17



犬は人間にとって最高の友だ。

2_e17



犬は人生のすべてではないが、人生のすべてを満たしてくれる。

3_e13



どんなに誰かと親しくなっても、人間関係においては喧嘩や意見の対立や不満は避けられない。でも犬との関係は違う。

人間は犬ほど他者に献身的に尽くすことはできない。犬たちの純真な魂が、意図的であれ無意識であれ、私たちに希望を与えてくれ、彼らと同じように無垢な境地になることができ、卑屈、裏切り、非道のない美しい世界への憧れを呼び覚ませてくれる。だから我々は彼らを必要とし、大切にするべきなのだ。

4_e13



犬は小さな天使。本気でそう思う。彼らは無条件で愛し、すぐに許し、私たちが喜ぶことはなんでも進んでしてくれる真の友だち。

日々、犬はこうした性質を何度も見せる。私たち人間はそれに慣れ親しんでしまっていて、その尊さを忘れてしまいがちになる。

5_e12



お腹をすかせた犬を助けてかわいがってあげたら、彼は決してあなたを噛んだりしないだろう。これは、犬と人間の決定的な違いだ。

6_e10



犬は紳士的で立派な生き物だ。犬には犬の天国にいってもらいたい。人間のいない天国に。

7_e10



人間を知れば知るほど、犬を愛するようになる。

8_e10



その短い人生のほとんどを、犬は私たち人間と歩まなければならない。毎日、私たちが帰ってくるのを待ちながら過ごすのだ。その愛の深さ、人間の生活の中に笑いをもたらしてくれること、相手が犬だからがゆえに、互いにこれほど仲良くなれることに驚きを隠せない。

9_e10



犬は自分のことよりもずっと深くあなたのことを愛してくれる唯一の動物だ。

10_e8



犬は全身全霊で私たちに尽くしてくれる。人間は彼らの中心で、彼らの愛と信頼の対象なのだ。そして、彼らは見返りにエサをもらう。間違いなく、人間がしてきた最高の取引なのだ。

11_e7



利己的なこの世の中で、人間がもつことができる最高に謙虚な友、決して見捨てることのできない友、情が厚く決して裏切らない友、それが犬だ。

12_e6



人間は犬から学ぶことが多い。たとえぼくたちのマーリーのように今にも死にそうな犬からでもだ。

マーリーは、自由で喜びにあふれた日々を、一瞬一瞬を大切に、自分の気持ちに恥じずに生きるよう教えてくれた。森の中の散歩、新雪、冬の陽だまりの中でのうたた寝など、些細なことにも感謝するよう教えてくれた。年をとって体が衰えても、彼は逆境に直面しても前向きでいることを教えてくれた。彼に教えられたことはほとんど、友情と無欲、何にも増してゆるぎない忠誠心についてだった。

13_e5



犬はパラダイスへの架け橋だ。彼らは邪悪とか、嫉妬とか不満を知らない。すばらしい午後、自然の中で犬と一緒にいると、まるでエデンの園に戻ったようだ。そこはなにもしなくても退屈なことはなく、平和そのものなのだ。

14_e5
via:acidcow・原文翻訳:konohazuku