「ちょっと公園行ってくるわ」。犬が1匹だけでバスに乗り道路を歩いて公園通い。地元の名物犬へ(米シアトル)

0_e19

 米ワシントン州シアトルには、自力でバスに乗り、目的地に着いたら降りて、すたこら歩いてドッグランのある公園に通う犬がいるという。そこに飼い主の姿は見当たらない。バスの利用客も最初は驚いたそうだけど、ほぼ毎日のようにバスを利用する犬の姿に、今ではすっかりなじみの客となっており、その場を和ませている。

 犬の名前はエクリプスさん(2歳、メス)。黒のラブラドールとブルマスティフの混血種だ。バスの運転手にも顔なじみとなっており、どの運転手もエクリプスさんを乗車拒否しない。無賃乗車すら快く許している。


Black lab takes solo bus ride to dog park stop

 すっかり名物犬となったエクリプスさん。噂を聞きつけた地元ラジオ局のホスト、マイル・モンゴメリー氏がこの犬に関して調べたところ、飼い主を突き止めることができた。飼い主であるジェフ・ヤングさんに話を聞いたところ、以前は週に数回、エクリプスさんを連れて自宅からバスに乗り、4つ先の停留所にある公園に一緒に来ていたのだという。

1_e26
隣に座っている男性は飼い主ではない。赤の他人の乗客である。

 ところがある日、ヤングさんがバスに乗る前にタバコを吸っていたところ、待ちきれないエクリプスさんは、ヤングさんを置いて1匹でとっととバスに乗って行ってしまったのだという。

 慌ててヤングさんが次のバスで駆け付けたが、エクリプスさんは無事に公園に到着していたようで、しれーっと楽しそうにドッグランで遊んでいたそうだ。

3_e21
一匹でバスに乗るエクリプスさんの姿に乗客たちもびっくり

5_e20
公共マナーを守れるエクリプスさんはきちんと座席に座る

 一人で公園に行けちゃうことを覚えたエクリプスさん。以来飼い主がいなくてもバスに乗って公園に行くようになったという。エクリプスさんは公共ルールも守るし、道路もきちんと歩道を通る。信号は青になるまでちゃんと待つ。人に噛みついたり吠えたりすることもない。なのでヤングさんもさほど心配はしていないそうだ。

13_e3
バスに乗り込むエクリプスさん。

6_e14
空いている座席にきちんと座る

7_e12
目的地に着くまではお行儀よく

14_e4
窓の景色を見ながら降りる場所を確認するエクリプスさん

15_e4
ちゃんと歩道を通って歩くよ

8_e9
ドッグランだ!みんな遊んでくれるよ

 シアトルの住人たちは犬が大好きなようで、エクリプスさんは、「みんなを笑顔にしてくれる存在」として、誰からもかわいがられているという。バス会社の方でも「犬にもわが社のバスが評価され、利用されていることを大変光栄に思う」。と言っているという。

 また、エクリプスさんにはきちんとドッグタグがついているが、「もしかして逃げ出してきちゃったのかしら?おうちに帰れないのかしら?大変だわ」。と心配して保護してくれる人が週に1人はいるそうだ。そんな時ヤングさんは、「自力で帰れるから大丈夫です。彼女は自分がどこにいて何をしているかすべて把握しています」。と答えるという。

 犬の放し飼いに関しては賛否両論あるだろうが、ことエクリプスさんに関しては例外のようで、みんなに愛され、みんなを幸せにしてくれる犬として受け入れられているみたいだ。via:komonews